メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

14府県で死者193人、不明62人

西日本豪雨による死者、心肺停止、安否不明の数(13日午後0時半現在)

 西日本豪雨の犠牲者はさらに増え、毎日新聞の集計で13日午後0時半現在、死者は14府県で193人に上った。安否不明者は4県の62人。新たに宮崎県で死者1人が確認された。同県小林市で7日に不明になり、9日に川で見つかった男性について豪雨の犠牲者と判断された。また、土砂災害が多発した広島県では坂町小屋浦で新たに男女計2人の死亡が確認された。高知県大月町の海でも男性1人が遺体で見つかった。

     一方、警察庁の13日午前4時45分時点のまとめでは、豪雨による死者は12府県で170人。豪雨による死亡かを確認中の34人を含めると14府県で204人となった。【岡崎英遠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    5. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]