メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

各地にボランティアセンター続々

開設された災害ボランティアセンターの受付に並ぶ人たち=愛媛県大洲市で2018年7月13日午前9時36分、山崎一輝撮影

 西日本豪雨の被害を受け、各被災地でボランティアの活動拠点となる「災害ボランティアセンター」が開設されている。全国社会福祉協議会(東京都)によると、13日午前10時半現在、13府県59市町に設置されている。ただ、受け入れ態勢や被災状況の違いから、それぞれ募集条件が異なり、ホームページなどで最新の情報を確認する必要がある。

 同会によると、各地に設置されたセンター数は、広島県18▽岡山県9▽愛媛県6▽京都府7--など。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  5. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです