メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知一家殺傷

死刑判決の中国籍被告、上告審弁論が結審

 愛知県蟹江町の住宅で2009年5月、山田喜保子(きほこ)さん(当時57歳)ら一家3人を殺傷したとして強盗殺人罪などに問われ、1、2審で死刑判決を受けた中国籍の無職、林振華(りん・しんか)被告(34)の上告審弁論が12日、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)であった。弁護側は「強盗の計画性は無かった」…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです