メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

砂の中、母が残した一輪 倉敷・真備

平松房子さんが大事にしていた庭を見つめる長男頼雄さん。泥にまみれていたが、一輪だけ花が残っていた=岡山県倉敷市真備町有井で2018年7月11日午後4時42分、林田奈々撮影

 地区の3割が水没した岡山県倉敷市真備(まび)町。家が濁流にのまれて犠牲になった平松房子さん(87)は、花や野菜を育てるのが好きだった。庭の花壇も流されたが、淡いピンクの花が一輪残っていた。「いい色だな」。長男頼雄さん(65)は、水が引いた母の家を訪れ、笑顔を見せた。

 1人暮らしをしていた房子さんは、大きく実った野菜を抱えては、300メートルほど離れた頼雄さんの家に届けるのを楽しみにしてくれてい…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです