メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

砂の中、母が残した一輪 倉敷・真備

平松房子さんが大事にしていた庭を見つめる長男頼雄さん。泥にまみれていたが、一輪だけ花が残っていた=岡山県倉敷市真備町有井で2018年7月11日午後4時42分、林田奈々撮影

 地区の3割が水没した岡山県倉敷市真備(まび)町。家が濁流にのまれて犠牲になった平松房子さん(87)は、花や野菜を育てるのが好きだった。庭の花壇も流されたが、淡いピンクの花が一輪残っていた。「いい色だな」。長男頼雄さん(65)は、水が引いた母の家を訪れ、笑顔を見せた。

 1人暮らしをしていた房子さんは、大きく実った野菜を抱えては、300メートルほど離れた頼雄さんの家に届けるのを楽しみにしてくれてい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん
  3. 出所不明の香港の「シラスウナギ」 日本に6トン
  4. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  5. 桜田五輪担当相「震災時に東北道動いていた」発言を撤回 参院予算委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです