メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

鶴竜、金星連続配給 栃ノ心は5勝目

【大相撲名古屋場所5日目】鶴竜(右)を突き出しで破る阿炎=ドルフィンズアリーナで2018年7月12日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所5日目は12日、3場所連続優勝を狙う横綱・鶴竜は引いたところを平幕の阿炎に突き出され2連敗となった。阿炎は白鵬を破った先場所に続き、2場所連続で金星を挙げた。大関・栃ノ心は琴奨菊を寄り切り5勝目。関脇・御嶽海も全勝を守った。カド番の2大関は、高安が平幕6人とともに1敗を守り、2敗の豪栄道は速い攻めで千代の国を降し、白星を先行させた。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文582文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです