メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とうふ屋のある町はいい町だ

/4 近喜商店(京都市中京区) 計算の粋、円熟の見世

店に立つ浅井真路さん=京都市中京区東魚屋町の近喜商店で、五木のどかさん撮影

 7月、コンチキチンの音色を奏でる祭りの気配。17日の神幸祭と24日の還幸祭は、京の台所・錦市場もおみこしの通り道となる。市場の衆が担ぐのは、西御座のみこし。

 古くから、とうふや京がんも、生麩(なまふ)、湯葉を商う近喜商店の店主・浅井敏夫さん(61)と弟の真路さん(58)も、長年、西御座のみこしを担いできた。

 この地に看板を掲げたのは1901(明治34)年のこと。彼らのひいおじいさんの代と聞く。木屋町の「賀…

この記事は有料記事です。

残り961文字(全文1166文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 「白血病に勝つ…」池江選手の応援凧 滋賀の阿賀神社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです