メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/6 技術・経験、若手に伝え

試合中、ベンチで若いチームメートに話しかける村田選手(右端)=新潟県南魚沼市のベーマガスタジアムで1日

 <document>

 野球の独立リーグ、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに村田修一選手(37)が加入して約3カ月。チームメートと食事をともにする機会も増えた。6月初め、外食が多くなりがちな若手のことを思い、「みんなで、お母さんの手料理をごちそうになろう」という考えが浮かんだ。

 栃木県小山市内に住む義母の佐久間和枝さん(65)に電話を入れ、数日後、若手3選手を連れて実家を訪れた。「何を食べるかな」と聞く和枝さんに「肉があればいいですよ」と答えたが、食卓にはそれ以外にもチョレギサラダ、野菜の煮物など料理が並ぶ。義父の真さん(67)が買ってきた焼き鳥や刺し身も振る舞われた。食事を終え、真さん、和枝さんの前で、村田選手や大阪出身で2年目の外野手、山崎貴之選手(22)らは約束した。「次の試合でヒットを打ちます」

 その試合は6月8日、栃木の本拠地、小山運動公園野球場での新潟戦。この日、誕生日を迎えた真さんがスタ…

この記事は有料記事です。

残り706文字(全文1114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  2. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  3. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  4. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです