メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

硫黄島のギンネム=青野由利

 <do-ki>

 今年は小笠原諸島返還50年。父島や母島の記念行事の様子を知ると、同じ時に返還された硫黄島が頭に浮かぶ。東京都心の南1000キロの父島からさらに280キロ、亜熱帯の島を訪ねたのは10年近く前になる。

 摺鉢(すりばち)山や天山慰霊碑、栗林忠道中将がこもって指揮を執った兵団司令部壕(ごう)も案内してもらった。太平洋戦争末期、凄惨(せいさん)な地上戦が繰り広げられた場所だけに今も息苦しさがよみがえるが、もうひとつ、なぜか忘れられないものがある。

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1008文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです