メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「2040年」を越える地域ビジョンを=中央大教授・宮本太郎

 「2040年」問題が焦点になりつつある。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者となる25年はもう目前で、次に控えるより高い峰だ。この峰を越えることができるかが、地域と国の持続可能性を決すると言っても過言ではない。総務省や厚生労働省なども相次いで2040年に関する研究会報告や推計を発表している。

 2040年とはどのような年なのか。それは人口減少のなか、世代間の支え合い困難と地域間の不均衡が、互いに絡み合いながら限界点近くまで達する年である。

 世代間の支え合い困難から言えば、まず、高齢世代のさらなる高齢化と単身化、低所得化が進む。高齢人口の…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです