メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

演出家・宮田慶子さん 「祭りを仕切る」楽しさ

宮田慶子さん=東京都渋谷区で、玉城達郎撮影

 2010年から8年間務めた新国立劇場演劇部門の芸術監督を8月末で退く、演出家の宮田慶子さん(61)。所属する劇団青年座の作品以外にも、翻訳劇やミュージカルまで、幅広い演出経験を持つ。その原点には、学生時代に仲間と共に舞台を作り上げた充実感や達成感があった。

 元々シェークスピアやテネシー・ウィリアムズの作品が好きな文学少女だった。「中学で演劇部に入って、初めは先輩たちにくっついてシェークスピアを読んでみる程度でした。高校からは演出一本。自分が本で読んでいた世界を同級生の俳優が演じて、裁縫に興味ある人が衣装を縫ってくれて、装置や照明をお願いして舞台が仕上がる。演出はお祭りを仕切っているような楽しさがありました」

 大学でも演劇部に入ったが「本気で芝居がやりたい」と中退。芝居を片っ端から見て選んだのが劇団青年座だ…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1883文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです