メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気鋭に迫る

タイトル取り、進学に満足 将棋棋士・高見泰地(25)

初タイトルを獲得した高見泰地叡王=東京都渋谷区の将棋会館で、丸山進撮影

高見泰地(たかみ・たいち)

 新たなタイトル戦としてスタートした叡王戦を予選から勝ち上がった。今年4~5月の決勝七番勝負で金井恒太六段(32)に4連勝し、プロ入り7年目で初のタイトル獲得。その後の1カ月は取材や原稿依頼に追われ、「本来やらないといけない将棋の研究がほとんどできていない。タイトル一つだけでこんなに忙しい。ずっとオフがないのにタイトルを持ち続けている羽生(善治竜王)さんの偉大さを改めて感じました」。

 幼稚園に通っていた6歳の頃、父が買ってきたボードゲームセットにオセロやバックギャモンなどさまざまな…

この記事は有料記事です。

残り796文字(全文1052文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです