メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

「県展改革」の意義=外舘和子

 岐阜県美術館で第1回ぎふ美術展が開催された。69回続いた岐阜の県展が大幅に改革されて全国公募となり、「ぎふ美術展」の名で生まれ変わったのである。洋画、日本画、彫刻、工芸、書、写真、自由表現の各部門には県外から作家や学識者が審査員に招聘(しょうへい)された。

 審査は公開で行われ、質疑応答もあり、会期中には審査員らによる対談や講評会などが活発に行われた。工芸部門を今泉今右衛門氏と担当した私も、審査会場や対談で出品者や一般客とやりとりする機会を得た。

 実はこうした県展改革が、各地で進行中である。

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1095文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  5. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです