メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 女子決勝、2年前の再現 ケルバーVSセリーナ 執念の堅守か、復活の強打か

<左>初優勝を目指すケルバー<右>2年ぶり8回目の優勝を狙うセリーナ・ウィリアムズ=いずれもAP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は第10日の12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス準決勝があり、初優勝を目指す第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と、2年ぶり8回目の優勝を狙う第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が14日の決勝に勝ち進んだ。両者の顔合わせは2016年決勝の再現となる。両者の対戦成績は6勝2敗でS・ウィリアムズがリードするが、4大大会決勝だけを見れば1勝1敗の五分。しかし、球足の速い芝のコートだけに強いボールを打つS・ウィリアムズが優位に立つ。

 36歳のS・ウィリアムズは、昨年9月に女児を出産し、今年3月に復帰したばかりだ。4大大会では約1年…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです