メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 車いすの部 上地、逆転負け 国枝「芝」に苦戦

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで始まり、女子シングルス準決勝があり、第2シードの上地結衣(エイベックス)が、アニク・ファンクート(オランダ)に6-1、4-6、6-7で逆転負けした。

 12日は1回戦があり、上地はマリヨレン・バウス(オランダ)にストレート勝ちした。男子シングルス1回戦で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)に4-6、6-3、5-7で競り負けた。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. 「残念に思うと申し上げた」河野氏、韓国外務省コメント「抗議せず」に反論
  5. トランプ米大統領 非常事態宣言 共和苦境 「無効化」決議に複数同調か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです