メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 車いすの部 上地、逆転負け 国枝「芝」に苦戦

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスのウィンブルドン選手権車いすの部は13日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで始まり、女子シングルス準決勝があり、第2シードの上地結衣(エイベックス)が、アニク・ファンクート(オランダ)に6-1、4-6、6-7で逆転負けした。

 12日は1回戦があり、上地はマリヨレン・バウス(オランダ)にストレート勝ちした。男子シングルス1回戦で第1シードの国枝慎吾(ユニクロ)は、グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)に4-6、6-3、5-7で競り負けた。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです