メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、6連勝

玉鷲(左)に小手投げで敗れた栃ノ心=兵藤公治撮影

6日目(13日・ドルフィンズアリーナ)

 関脇・御嶽海が正代を押し出し、6連勝で単独トップに立った。新大関・栃ノ心は玉鷲の小手投げに屈して初黒星を喫した。他に1敗は平幕の遠藤、千代大龍、妙義龍、朝乃山の4人。

 この日から横綱・鶴竜が右肘関節炎のため休場した。3横綱全員が不在になるのは、若乃花、貴乃花、曙が休場した1999年春場所以来、19年ぶり。横綱不在は、ただ一人の横綱だった朝青龍が途中休場した2006年夏場所以来、12年ぶり。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1975文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです