メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

英でエリザベス女王と1時間面会 週末はゴルフ

ウィンザー城を歩くエリザベス女王とトランプ米大統領=AP

 【ロンドン矢野純一】訪英中のトランプ米大統領は13日夕(日本時間14日未明)、メイ英首相との首脳会談後、メラニア夫人と共にロンドン近郊のウィンザー城を訪れ、エリザベス女王(92)と面会した。

 女王は城内で夫妻を笑顔で出迎え、約1時間、お茶でもてなした。国賓ではないため、女王主催の晩さん会は開かない。

 英紙タイムズによると、トランプ氏は2016年11月の大統領選当選直後のメイ氏との電話で「スコットランドで生まれた母が女王の大ファンだった」と伝えるなど、訪英時の女王との面会を熱望していた。

 トランプ氏は女王との面会後、英北部スコットランドへ移動。週末はゴルフを楽しみ、16日にはフィンランドの首都ヘルシンキでロシアのプーチン大統領との首脳会談に臨む。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  3. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
  4. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  5. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです