メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

神経剤「ノビチョク」 被害男性の自宅小瓶から検出

 【ロンドン矢野純一】英南部エイムズベリーで猛毒の神経剤「ノビチョク」に触れた男女2人が死傷した事件で、ロンドン警視庁は13日、被害男性(45)の自宅で見つかった小瓶の中からノビチョクが検出されたと発表した。捜査当局は、ノビチョクを使った元ロシア情報機関員らに対する神経剤襲撃事件との関連を調べている。

     2人は小瓶を拾ったことでノビチョクに接触したとみられ、6月30日に重体となって病院に搬送され、女性(44)は今月8日に死亡、男性は意識を回復した。

     男性の自宅は、3月に元ロシア情報機関員らの暗殺未遂事件が発生したソールズベリーから北約10キロの地点にある。当局は小瓶から検出されたノビチョクが3月の事件で使用されたものと同一か特定を急ぐとともに、2人がどこで小瓶を拾ったかなど経緯を調べている。

     英政府は暗殺未遂事件にロシアが関与したとみている。13日には化学兵器禁止機関(OPCW)に対して専門家派遣を要請し、小瓶の残留物の調査を求めた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
    3. 新潮45 「杉田論文」で社長コメント 「常識逸脱した」
    4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    5. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです