メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

GRU情報部員12人を起訴 ロシア疑惑で

 【ロンドン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、米連邦大陪審は13日、モラー特別検察官の捜査に基づきロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)の情報部員12人を起訴した。選挙介入を目的として民主党全国委員会をハッキングするなどの国家に対する謀略の罪などに問われている。

     16日の米露首脳会談を前に、ロシア当局の疑惑関与があらためて濃厚となった形。トランプ米大統領は13日の記者会見で、介入問題についてプーチン露大統領に「必ずただす」と述べる一方、トランプ陣営が関与したとの疑惑捜査については「魔女狩りだ」と繰り返し反発。「米国内で続く完全にばかげたことが、対露外交を阻害している」と非難した。

     起訴状によると、12人は16年春から民主党や同党候補のクリントン氏陣営関係者にサイバー攻撃を仕掛け、不当に取得した文書やメールをインターネット上に流出させたほか、州選挙管理委員会のウェブサイトもハッキングし、有権者約50万人の個人情報も盗み出したとされる。起訴を発表したローゼンスタイン司法副長官は「大統領選への影響力行使」が被告らの目的だったと指摘した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです