メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん漫画

つらい体験も合コンも 39歳デビュー果たす

初の単行本を手にする白戸ミフルさん=東京都千代田区で、谷本仁美撮影

 進行性の乳がんと診断された神奈川県鎌倉市の会社員、白戸ミフルさん(39)が、コミックエッセーで夢だった漫画家デビューをした。6月末に刊行された初の単行本は「乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話」(キノブックス)。今も3カ月おきの通院と服薬を続けるが、「つらいことを楽しくする」をモットーに、がんサバイバー(経験者)としての活動を続けていきたいという。

 平日は仕事と飲み会、週末はゴルフやイベントに飛び回っていた白戸さんに乳がんが見つかったのは4年半前…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文871文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです