メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ボランティア奔走 3連休延べ1.8万人超か

家の前にたまった土砂をかき出す高校生のボランティアら=広島市安芸区矢野東で2018年7月14日午前9時49分、大西岳彦撮影

 西日本豪雨の被災地は14日、3連休の初日を迎え、ボランティア活動が本格化した。全国から大勢の人が駆け付け、酷暑の中、土砂の撤去や家屋の掃除、家財道具の片付け、支援物資の仕分けなどに奔走した。

 全国社会福祉協議会によると、13日午後8時現在、12府県58市町で災害ボランティアセンターが設置された。特に被害の大きい広島、岡山、愛媛3県の社協は、3連休で延べ計約1万8000人以上のボランティア活動を想定している。

 大規模な浸水被害が出た岡山県倉敷市真備町地区では、14日朝から多数のボランティアが被災家屋の片付け…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです