メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英首脳会談

メイ首相 米国にすり寄りも難題はFTA

首脳会談後の共同記者会見で発言するトランプ米大統領(左)に目をやるメイ英首相=ロンドン近郊の首相別邸チェッカーズで13日、ロイター

 【ロンドン矢野純一、高本耕太】英国のメイ首相はトランプ米大統領との13日の首脳会談で英米の「特別な関係」を強調した。トランプ氏の大統領就任直後に、外国首脳として真っ先に会談してから1年半。トランプ氏は国際的な取り決めから次々と離脱し、欧州連合(EU)離脱で穏健路線をとるメイ氏の方針も批判するなど、両首脳には意見の違いが目立つ。メイ氏が溝を埋めようと米国にすり寄る姿勢も垣間見える。

 「我々は最も特別な関係にある」。メイ氏は12日夜、トランプ氏を招いた夕食会で、招待客の財界人を前に…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 空き家や空き店舗を「学生寮」に 山形市、街の活性化へ
  3. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 山梨学院VS札幌第一 強力打線同士で打撃戦か センバツ第3日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです