メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米英首脳会談

メイ首相 米国にすり寄りも難題はFTA

首脳会談後の共同記者会見で発言するトランプ米大統領(左)に目をやるメイ英首相=ロンドン近郊の首相別邸チェッカーズで13日、ロイター

 【ロンドン矢野純一、高本耕太】英国のメイ首相はトランプ米大統領との13日の首脳会談で英米の「特別な関係」を強調した。トランプ氏の大統領就任直後に、外国首脳として真っ先に会談してから1年半。トランプ氏は国際的な取り決めから次々と離脱し、欧州連合(EU)離脱で穏健路線をとるメイ氏の方針も批判するなど、両首脳には意見の違いが目立つ。メイ氏が溝を埋めようと米国にすり寄る姿勢も垣間見える。

 「我々は最も特別な関係にある」。メイ氏は12日夜、トランプ氏を招いた夕食会で、招待客の財界人を前に…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1065文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです