メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

横綱不在だからこそ望まれる次代の台頭

5日目、阿炎(奥)に敗れた鶴竜=兵藤公治撮影

 12年ぶりに横綱不在の場所という事態を招き、鶴竜の師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)は「横綱土俵入りを見せられず、暑い中、来てくれるお客さんに申し訳ない」と謝罪を口にした。

 だが、横綱不在だからといって、必ずしも物足りない場所というわけではない。過去にはしばしば、新しい力が飛躍を遂げているのだ。

 一人横綱の朝青龍が途中休場した2006年夏場所は、白鵬が新大関で初優勝し、角界の第一人者への道を歩み…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです