メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

横綱不在だからこそ望まれる次代の台頭

5日目、阿炎(奥)に敗れた鶴竜=兵藤公治撮影

 12年ぶりに横綱不在の場所という事態を招き、鶴竜の師匠の井筒親方(元関脇・逆鉾)は「横綱土俵入りを見せられず、暑い中、来てくれるお客さんに申し訳ない」と謝罪を口にした。

 だが、横綱不在だからといって、必ずしも物足りない場所というわけではない。過去にはしばしば、新しい力が飛躍を遂げているのだ。

 一人横綱の朝青龍が途中休場した2006年夏場所は、白鵬が新大関で初優勝し、角界の第一人者への道を歩み…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文497文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです