メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

産休明け36歳セリーナ優位に 女子決勝

<左>初優勝を目指すケルバー<右>2年ぶり8回目の優勝を狙うセリーナ・ウィリアムズ=いずれもAP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は第10日の12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス準決勝があり、初優勝を目指す第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と、2年ぶり8回目の優勝を狙う第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が14日の決勝に勝ち進んだ。両者の顔合わせは2016年決勝の再現となる。両者の対戦成績は6勝2敗でS・ウィリアムズがリードするが、4大大会決勝だけを見れば1勝1敗の五分。しかし、球足の速い芝のコートだけに強いボールを打つS・ウィリアムズが優位に立つ。

 36歳のS・ウィリアムズは、昨年9月に女児を出産し、今年3月に産休から復帰したばかりだ。4大大会で…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです