メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

産休明け36歳セリーナ優位に 女子決勝

<左>初優勝を目指すケルバー<右>2年ぶり8回目の優勝を狙うセリーナ・ウィリアムズ=いずれもAP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会の第3戦、ウィンブルドン選手権は第10日の12日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス準決勝があり、初優勝を目指す第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)と、2年ぶり8回目の優勝を狙う第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)が14日の決勝に勝ち進んだ。両者の顔合わせは2016年決勝の再現となる。両者の対戦成績は6勝2敗でS・ウィリアムズがリードするが、4大大会決勝だけを見れば1勝1敗の五分。しかし、球足の速い芝のコートだけに強いボールを打つS・ウィリアムズが優位に立つ。

 36歳のS・ウィリアムズは、昨年9月に女児を出産し、今年3月に産休から復帰したばかりだ。4大大会で…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです