メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いらっしゃい

ジャガイモ料理 ふきのとう=北杜市 /山梨

素材そのもの味わって

 店名は、冬が明けた春先に店を開けるスタイルにちなんでいる。オーナーの若林秀穂さん(64)に新メニューを薦められ、ジャガイモやフランクフルトに溶かしたチーズをかける「ラクレット」を注文した。握りこぶしほどの男爵イモにフォークを刺してみて、驚いた。普段食べているジャガイモよりもずっしりと重い。口に運ぶと、ほくほくした食感が口の中に広がった。「一番味わってほしいのは素材そのものの味。季節で一番おいしいジャガイモを選んでます」

 若林さんは21歳の時に静岡から山梨に移住し、北杜市の飲食店で料理の経験を積んだ。修業時代、旅行中に…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文810文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです