メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地、熱中症136人 救急搬送相次ぐ ボランティア6400人集結

 列島が高気圧に覆われた14日、西日本豪雨の被災地・広島県三次市で37・1度を記録した。広島、岡山、愛媛3県の被災地域では、熱中症の疑いで計136人が救急搬送され、広島県三原市で90代の女性が死亡した。また、この日は被災地に全国からボランティアが駆けつけた。毎日新聞のまとめでは、この3県24市町に少なくとも計約6400人が集まった。

 気象庁によると、岡山県高梁市で37・0度、愛媛県大洲市で36・2度を記録するなど、50の観測地点の…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです