メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

空回り豪栄道3敗

豪栄道(右)を突き落としで破る貴景勝=ドルフィンズアリーナで2018年7月14日、兵藤公治撮影

7日目(14日・ドルフィンズアリーナ)

 関脇・御嶽海が琴奨菊を寄り切り、無傷の7連勝で単独トップを守った。1敗はいずれも平幕で遠藤、千代大龍、朝乃山の3人。カド番大関は高安が阿炎を寄り倒して5勝目を挙げた一方、豪栄道は貴景勝に突き落とされ、3敗目。新大関の栃ノ心は右足親指を痛め、この日から休場。再出場しなければ来場所はカド番になる。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1852文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです