メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豪栄道(右)を突き落としで破る貴景勝=ドルフィンズアリーナで2018年7月14日、兵藤公治撮影

7日目(14日・ドルフィンズアリーナ)

 関脇・御嶽海が琴奨菊を寄り切り、無傷の7連勝で単独トップを守った。1敗はいずれも平幕で遠藤、千代大龍、朝乃山の3人。カド番大関は高安が阿炎を寄り倒して5勝目を挙げた一方、豪栄道は貴景勝に突き落とされ、3敗目。新大関の栃ノ心は右足親指を痛め、この日から休場。再出場しなければ来場所はカド番になる。

この記事は有料記事です。

残り1685文字(全文1852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです