メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 連載4回目です。そろそろ、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざす一般社団法人「Get in touch」を設立したいきさつを。その前に、そもそも社会的な活動を始めたきっかけからお話ししたいと思います。

 始まったのは26年前、32歳の時でした。エイヤッという自発的な行動なので、ボランティア活動と呼ばれています(本来のボランティアの意味は「自発的」な行為のことで「無償」という意味はありません。とはいえ、私は今も無償で活動中)。

 たまたま見た17歳の難病の少年のドキュメンタリー番組が、私の人生を変えました。涙ものでした。が、大…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1760文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです