メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

中東への影響拡大狙う W杯で各国首脳らと会談

パレスチナ自治政府のアッバス議長(左)との会談で握手を交わすロシアのプーチン大統領=モスクワで2018年7月14日、ロイター

 【モスクワ大前仁】プーチン露大統領が、6月から自国で開催してきたサッカーのワールドカップ(W杯)を利用し、中東各国の首脳や要人と会談を重ねるなど中東への影響力拡大を試みている。16日の米露首脳会談でも中東情勢が主要議題となることを踏まえ、プーチン政権は中東諸国との関係強化を進めている模様だ。

 ロシア大統領府によると、W杯決勝(15日)に合わせる形で、決勝に進んだフランスとクロアチアのマクロン、グラバルキタロビッチ両大統領など少なくとも8カ国の首脳・要人が訪露し、プーチン氏と会談する。中東からは、14日にパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談した。15日にカタールのタミム首長と会談する予定。

 アッバス氏との会談では、中東和平が中心議題となったとみられる。もう一方の当事者であるイスラエルのネ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです