メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

中東への影響拡大狙う W杯で各国首脳らと会談

パレスチナ自治政府のアッバス議長(左)との会談で握手を交わすロシアのプーチン大統領=モスクワで2018年7月14日、ロイター

 【モスクワ大前仁】プーチン露大統領が、6月から自国で開催してきたサッカーのワールドカップ(W杯)を利用し、中東各国の首脳や要人と会談を重ねるなど中東への影響力拡大を試みている。16日の米露首脳会談でも中東情勢が主要議題となることを踏まえ、プーチン政権は中東諸国との関係強化を進めている模様だ。

 ロシア大統領府によると、W杯決勝(15日)に合わせる形で、決勝に進んだフランスとクロアチアのマクロン、グラバルキタロビッチ両大統領など少なくとも8カ国の首脳・要人が訪露し、プーチン氏と会談する。中東からは、14日にパレスチナ自治政府のアッバス議長と会談した。15日にカタールのタミム首長と会談する予定。

 アッバス氏との会談では、中東和平が中心議題となったとみられる。もう一方の当事者であるイスラエルのネ…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです