メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地で熱中症相次ぐ 3県で136人搬送

 列島が高気圧に覆われた14日、全国的に猛烈な暑さとなった。西日本豪雨の被災地でも朝から気温が上昇し、広島県三次市で37.1度を記録。甚大な被害が出た広島、岡山、愛媛3県の被災地域では、熱中症の疑いで計136人が救急搬送され、広島県三原市で90代の女性が死亡した。暑さ対策が求められている。また、この日は被災地に全国からボランティアが駆けつけた。毎日新聞のまとめでは、この3県24市町に少なくとも計約6400人が集まった。

 気象庁によると、岡山県高梁市で37.0度、愛媛県大洲市で36.2度を記録するなど、50の観測地点の…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文945文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 福岡市 ロープウエー構想 博多港WF→博多駅→須崎公園
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです