メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

被災地で熱中症相次ぐ 3県で136人搬送

 列島が高気圧に覆われた14日、全国的に猛烈な暑さとなった。西日本豪雨の被災地でも朝から気温が上昇し、広島県三次市で37.1度を記録。甚大な被害が出た広島、岡山、愛媛3県の被災地域では、熱中症の疑いで計136人が救急搬送され、広島県三原市で90代の女性が死亡した。暑さ対策が求められている。また、この日は被災地に全国からボランティアが駆けつけた。毎日新聞のまとめでは、この3県24市町に少なくとも計約6400人が集まった。

 気象庁によると、岡山県高梁市で37.0度、愛媛県大洲市で36.2度を記録するなど、50の観測地点の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校で800キロのひさし落下、けが人なし 大阪・松原
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです