メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海が7連勝 1敗は遠藤ら3人

琴奨菊(左)を寄り切りで降す御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月14日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所7日目は14日、関脇・御嶽海が琴奨菊を寄り切り、無傷の7連勝で単独トップを守った。1敗は、いずれも平幕で遠藤、千代大龍、朝乃山の3人。カド番大関は高安が阿炎を寄り倒して5勝目を挙げた一方、豪栄道は貴景勝に突き落とされ、3敗目を喫した。新大関の栃ノ心は右足親指を痛め、この日から休場。再出場しなければ来場所はカド番になる。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文471文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. くらしナビ・ライフスタイル 「光コラボ」契約に注意 トラブル後絶たず 相談半数が60歳以上
  3. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  4. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  5. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです