メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海が7連勝 1敗は遠藤ら3人

琴奨菊(左)を寄り切りで降す御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月14日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所7日目は14日、関脇・御嶽海が琴奨菊を寄り切り、無傷の7連勝で単独トップを守った。1敗は、いずれも平幕で遠藤、千代大龍、朝乃山の3人。カド番大関は高安が阿炎を寄り倒して5勝目を挙げた一方、豪栄道は貴景勝に突き落とされ、3敗目を喫した。新大関の栃ノ心は右足親指を痛め、この日から休場。再出場しなければ来場所はカド番になる。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです