メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

満員のファンため息 豪栄道ばったり

豪栄道(右)を突き落としで破る貴景勝=ドルフィンズアリーナで2018年7月14日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所7日目は14日、中日を前に看板力士たちがごっそりと休場し、幕内最上位となった東大関の豪栄道。結びの一番で地位にふさわしい相撲が期待されたが、貴景勝を相手に中途半端な攻めで両手をばったり。満員のファンにため息をつかせた。

 立ち合いで当たるとすぐにはたいた。体が離れると左上手を狙いに行ったが不発。互いに見合う展開から、再び左上手を取りに行くと、貴景勝に見透かされたように右に回り込ま…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです