メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

栃ノ心休場、カド番危機 再出場は微妙

栃ノ心=東京・両国国技館で2018年5月、長谷川直亮撮影

 大相撲名古屋場所7日目は14日、力強い相撲で初日から5連勝した新大関・栃ノ心が一転、カド番の危機を迎えた。初黒星を喫した6日目の玉鷲戦で負傷し、7日目から休場。「良くなったら出る」と再出場に意欲を見せるが、右足親指の靱帯(じんたい)損傷で約1カ月の休養を要すると診断されただけに、カド番が回避できるか、微妙な状況だ。

 19年ぶりの3横綱全員休場に加え、夏場所までの今年3場所で鶴竜の38勝に次ぐ37勝を挙げていた栃ノ…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです