メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

ケルバーが初優勝 セリーナ降す

初優勝を果たしたケルバー=AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第12日は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス決勝で、第11シードのアンゲリク・ケルバー(ドイツ)が、第25シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-3、6-3で勝ち、初優勝を果たした。

 ケルバーは、2016年の全豪オープン、全米オープンに続いて4大大会3勝目。ドイツ選手のウィンブルドン優勝は、1996年のシュテフィ・グラフ以来22年ぶりとなり、賞金225万ポンド(約3億3450万円)を獲得した。

 2年ぶり8回目の優勝を狙ったS・ウィリアムズは、マーガレット・コート(オーストラリア)の歴代最多に…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文697文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです