メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再思三省

第64回 本当に粗末な品でも

「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづっています。なお、この中には必ずしも一般的に間違いとはいえないものもあります。読者への配慮や紙面上の統一などの点から決めているものは、理由とともに示しています。

    「…畏るべし」以外は「後世」

     (教訓を)後生に伝える → 後世に伝える

     文字通り、後世は「のちの世、のちの時代」、特にその人が死んだあとに来る時代のことで、後生は「あとから生まれる者、あとから学ぶ者」。そう聞くと、どちらの字でもいいように思いがちですが、後生は「後生畏るべし(自分より若い人は将来どんなに立派になるか分からないから侮るわけにいかない)」の他にはほとんど使わない、特殊な言葉と考えられます。一般的に教訓などを幅広く、末永く共有させる意としては「後世に伝える」がふさわしい表記です。なお、人に哀願する時の「後生だから」はゴショウと読む別の語です。

    勢いに惑わされず

     (逆風を)もろともしない → ものともしない

    「馬もろとも川に転落」「タックルをものともせずに突進」といったように、共通して勢いのある場面によく使われるからか、しばしば見かける混同です。落ち着いて見れば全く別の言葉だということは分かるはずですから、読み返すときはスピードを落とし勢いに乗らないようにすることが肝心です。

    他人をへりくだらせてしまう表現

     (催しで配られた)粗品→ 景品、記念品 など

     粗品は読んで字のごとく「粗末な品」、人に贈る品物についてへりくだる呼び方です。たとえ「粗品」というのし紙が付いていても、また本当に粗末な品物であっても、客観的なはずの文章で「来場者に粗品が配られた」などと書くと失礼でこっけいな表現になってしまいます。もちろん、自ら主催するイベントの告知などで「粗品を進呈します」などと書くのは適切な使い方です。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは19試合
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    5. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです