メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

新大関まで…栃ノ心休場「ちょっと悔しい。申し訳ない」(スポニチ)

大相撲名古屋場所7日目(2018年7月14日 ドルフィンズアリーナ)

 新大関の栃ノ心が14日、日本相撲協会に「右母趾(ぼし)MP関節側副じん帯損傷 約1カ月間の加療を要する見込みである」との診断書を提出し休場した。休場は17年初場所以来で7度目。6日目の玉鷲戦で敗れた際、右足親指付近を痛めて病院に直行していた。新大関の休場は全休した00年夏場所の武双山以来。

     師匠の春日野親方(元関脇・栃乃和歌)は「相撲が取れる状態ではない」と現状を説明。前夜までは出場の意思があったが、一夜明けて「どうだ、と聞いたら“痛い。踏ん張れない”となって」と苦渋の決断に至った。

     栃ノ心は「じん帯が全部じゃないけど、ちょっと切れている。ちょっと悔しい。申し訳ない」と謝罪。再出場については「2、3日冷やして良くなったら、また取りたい」と、わずかな可能性を探るつもりだ。今場所はこれで3横綱1大関が不在。2横綱1大関が途中休場した昨年1月の初場所以降、横綱、大関陣全員が皆勤した場所はないという異常事態は深刻で、先行きが懸念される。

     ▼八角理事長(元横綱・北勝海)(栃ノ心休場は)残念というか、お客さんに本当に申し訳ない。新大関をみんな見に来ているわけだから。一生懸命やっての結果だが、言い訳はできない。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
    4. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
    5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです