メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメント

男・村田の再出発/7止 できることを最後まで

NICUを訪問し、入院中の赤ちゃんや家族と交流する村田選手(右上)と閏哉さん(右下)=豊島医師提供

 <document>

 7月1日、新潟県南魚沼市での野球独立リーグ、BCリーグの新潟戦の試合後、栃木ゴールデンブレーブスの村田修一選手(37)は地元の野球少年たちに囲まれた。ボールや帽子などに丁寧にサインし、「試合を見て、ああいう選手になりたいと思ってくれるのが一番。僕も目標にされる選手になりたいと思って、努力してきた」と口にした。プロ野球(NPB)の横浜(現DeNA)に22歳で入団して今年が16年目。野球に対する考え方は、少しずつ変化してきた。「『自分のために』と思ってやってきた野球が、『家族のために』となり、いろいろなことがあって、周りの人たちに感謝をしながらというふうに膨らんできた」

 その「いろいろ」の一つが新生児医療との出合いだ。2006年に村田選手の長男、閏哉(じゅんや)さん(…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文1102文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです