メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

プラスチック便利だけど? 分解されにくい特性 欧州は法規制検討=回答・八田浩輔

世界のプラスチックの生産量

 なるほドリ 世界の海にプラスチックごみがたまっているって聞いたよ。どうして?

 記者 主に石油(せきゆ)を原料(げんりょう)とする合成樹脂(ごうせいじゅし)を指すプラスチックは自然に分解(ぶんかい)されにくく、不用意に捨てられたものがたまり続けているのです。自然環境(しぜんかんきょう)で分子(ぶんし)のレベルまで分解されるには何百年、何千年もかかるとされます。海に流出したレジ袋やコップなどは波や太陽光の影響(えいきょう)で破砕(はさい)されて小さくなりますが、プラスチックの特性(とくせい)は残ります。5ミリ以下になったものはマイクロプラスチックと呼ばれ、小さな生き物に取り込まれたり、日本国外では水道水からも検出(けんしゅつ)されたりしています。人体への影響についても研究が始まっています…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです