メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

プラスチック便利だけど? 分解されにくい特性 欧州は法規制検討=回答・八田浩輔

世界のプラスチックの生産量

 なるほドリ 世界の海にプラスチックごみがたまっているって聞いたよ。どうして?

 記者 主に石油(せきゆ)を原料(げんりょう)とする合成樹脂(ごうせいじゅし)を指すプラスチックは自然に分解(ぶんかい)されにくく、不用意に捨てられたものがたまり続けているのです。自然環境(しぜんかんきょう)で分子(ぶんし)のレベルまで分解されるには何百年、何千年もかかるとされます。海に流出したレジ袋やコップなどは波や太陽光の影響(えいきょう)で破砕(はさい)されて小さくなりますが、プラスチックの特性(とくせい)は残ります。5ミリ以下になったものはマイクロプラスチックと呼ばれ、小さな生き物に取り込まれたり、日本国外では水道水からも検出(けんしゅつ)されたりしています。人体への影響についても研究が始まっています…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文868文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです