メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

小惑星探査の意義 宇宙航空研究開発機構シニアフェロー・川口淳一郎氏

「はやぶさ2」こそ本番機

 日本の探査機はやぶさ2が、小惑星リュウグウに到着した。度重なるトラブルを乗り越えて地球帰還を果たした探査機はやぶさ=1=の後継機だが、その誕生は困難を極めた。はやぶさプロジェクトを率い、はやぶさ2構想を生み出した川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェロー(62)に、小惑星探査への思いを聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・西本勝】

--はやぶさ2の小惑星までの往路はトラブルもなく、完璧でした。

この記事は有料記事です。

残り2714文字(全文2930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです