メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

崎陽軒(神奈川県)/中 駅のホームに「娘」

 <since 1908>

めざすものは、真に優れたローカルブランド

 横浜を象徴する食品ブランドとなった崎陽軒の「シウマイ」。全国にその名が浸透したきっかけは、「シウマイ王」と称された初代社長、野並茂吉氏のアイデアだった。

 1950(昭和25)年、野並氏は東京都内の街頭でたすき姿の若い女性がたばこを売るのを見かけ、思いつく。横浜駅で女性社員がシウマイを売ったら--。同年8月、赤い制服に「シウマイ娘」のたすきをかけた女性社員が初めて横浜駅ホームで販売を始めた。効果は抜群で、当時1箱100円のシウマイはホームで売れに売れた。52年に毎日新聞で連載された獅子文六の小説「やっさもっさ」にシウマイ娘がヒ…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文748文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです