メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年金質問箱

Q 繰り下げ受給、何歳まで生きれば得か=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人

 今月で65歳になりますが、先日、年金請求書というはがきが届きました。65歳から年金を受給するためのものだそうですが、会社は70歳になるまで雇用継続制度がありますので当面生活費の心配はありません。5歳年下の専業主婦の妻から「繰り下げ受給で年金額を増やしたら」と言われます。何歳まで生きれば得になるのか、目安のようなものはありますか。

     A 繰り下げ受給とは、本来の年金支給開始年齢の65歳より遅らせて年金をもらうことです。1カ月遅らせるごとに65歳からの本来の支給額が0・7%ずつ増えます。請求は66歳以降1カ月単位でいつでも申し出ることができます。最も増額が多いのは70歳で受給開始した場合で42%増額になります。

     ただし、増えた額で受給を開始しても本来の支給額と受給総額(累計受給額)が等しくなる前に死亡してしまうと損になります。どのくらいで増額された年金の合計が本来額を超えるのでしょうか。

     例えば、本来の支給額が年額200万円の人が70歳で繰り下げ請求をすると年284万円の年金額になります。この時点で受給総額で、本来支給と比べ5年分(1000万円)の差がついています。これを年単位の差額84万円で埋めていきます。「1000万円÷84万円≒11・9」なので81歳11カ月の時点で1000万円を超えます。これ以上長生きすれば得で、長生きすればするほど差も広がります。

     受給開始時期により、超える年齢は異なり、受給開始が早ければ超える時期も早くなります。なお、年金額は人によって違いますが、年金額がいくらであっても超える時期は同じです。平均寿命を気にする人が多いのですが、何も70歳まで5年待つことにこだわる必要はありません。1年だけ遅らせる66歳受給開始なら77歳で超えますし、年金額は8・4%増しにもなります。定期預金よりずっと得です。

     なお、質問者のように専業主婦や短時間パート勤務の配偶者がいて加給年金(家族手当のような加算で年額約40万円)がある場合は、繰り下げで年金を止めている期間分は加給年金を失ってしまいます。しかし、84歳より長生きすれば、それも回収できます。=次回は8月6日掲載

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです