メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Dr.北村が語る現代思春期

恋愛に消極的な若者 厳しい懐事情も影響か

 クリニックには日々の出来事を思う存分話してくれる患者が受診していますので、ネタに困ることはありません。「面白い話題ない?」と迫ると、「また、先生の連載記事のネタ探しですか」と返されるのが常です。そんな中、最近では、恋愛の楽しさを喜々として語る女性との出会いがとんと少なくなっています。

 「草食」、今では「絶食」とまで言われている日本男子のこと。「街コンに出かけていったのに、まともに話せる男性がいない。帰り際にメルアドの交換でもするのかなあと思いきや、『今日はありがとう。楽しかった』と。何しに来ているのか」と。そんな話を聞きながら、「あなたに魅力を感じなかっただけ」と言いたい気持ちをぐっと抑えながら、「いい男がいたら食っておしまい」と口にしていました。「どうしたら、いい人をゲットできますか」との質問もよく受けるのですが、僕は決まって、「大切なことは人探しではなくて、自分磨きだよ」と答えることにしています。魅力ある自分が作られていけば周囲…

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文1059文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです