メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 ジョコビッチ頂点

アンダーソンをストレートで降し、ウィンブルドン4回目の優勝を果たしたジョコビッチ=2018年7月15日、AP

 【ウィンブルドン浅妻博之】最終日は15日、男子シングルス決勝があり、第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が6-2、6-2、7-6で第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)にストレート勝ちして、3年ぶり4回目の優勝を果たした。準決勝で大会史上2番目に長い6時間36分の激戦を演じた疲労の影響からか動きの精彩を欠いたアンダーソンは初優勝を逃した。

 31歳のジョコビッチは、2016年全仏オープン以来の4大大会制覇で、男子歴代単独4位となる4大大会…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
  4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです