メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高気温

岐阜・揖斐川で38.8度 今年の「全国一」 熱中症3人死亡

 3連休真ん中の15日、列島は高気圧に覆われ、各地で最高気温35度以上の猛暑日となった。日中の最高気温は岐阜県で特に高く、揖斐川町が京都府福知山市とともに今年に入って全国で最高となる38・8度を記録した。

 ほかに多治見市38・7度(15日の全国3位)▽美濃市38・0度(同6位)▽郡上市37・8度(同10位)--となり、23の観測地点中16地点で今年最高を記録した。岐阜県では午後4時までに熱中症で48人が搬送され、男子中学生1人が重症。

 名古屋市も最高気温36・9度。今後1週間は気温が高い見通しで気象庁は熱中症に注意を呼びかけている。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文610文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです