メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露仏首脳

W杯決勝戦前に会談 仏大統領、積極的に訪露

 【モスクワ大前仁】サッカーのワールドカップ(W杯)決勝に進んだフランスのマクロン大統領は15日、モスクワでの試合に先立ち、開催国ロシアのプーチン大統領と会談した。プーチン氏が5月に通算4期目の大統領に就いてから、3度目の訪露で、欧米諸国が対露関係を改善していない中で、プーチン氏と向き合う姿勢が目立っている。

     タス通信によると、フランス大統領府関係者はシリア情勢が首脳会談の中心議題となるとの見解を示した。

     マクロン氏は5月下旬にロシア北西部サンクトペテルブルクで開かれた経済フォーラムに出席し、プーチン氏と会談。今月10日にはW杯準決勝のベルギー戦も観戦。対露関係の悪化を理由にして、ロシアでのW杯を観戦しなかった欧米の指導者が少なくない中、逆にW杯などを利用しながらプーチン氏と会談を重ねている。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです