メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

御嶽海、単独トップ堅持

【大相撲名古屋場所8日目】千代の国(右)を寄り切りで降した御嶽海=ドルフィンズアリーナで2018年7月15日、兵藤公治撮影

 大相撲名古屋場所8日目の15日、関脇・御嶽海が千代の国を寄り切り、中日で勝ち越した。単独トップも堅持した。1敗は妙義龍を退けた遠藤と、碧山に快勝した朝乃山の平幕2人。カド番大関は高安が6勝目、豪栄道が5勝目を挙げた。十両の安美錦は豪風に勝ち、通算872勝目を挙げ、歴代8位の元横綱・大鵬に並んだ。

高安、大関の意地

 ○…カド番大関の高安が2敗を守った。初顔合わせの輝は懐に入るとしぶとい。「踏み込もうと思った…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文512文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです