メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

セリーナ、復活へ大きな一歩 

女子シングルス決勝(14日)

 S・ウィリアムズは完敗した。勝負どころのサーブでダブルフォールトを連発して持ち味を発揮できずに「言い訳するつもりはない。彼女が最初から最後までいいプレーをした」と淡々と話した。

 S・ウィリアムズは昨年9月に女児を出産した。出産後は以前から患っていた肺の血栓症が悪化して手術。足の痛みにも悩まされ「郵便受けまで歩くこともままならなかった」状態だっ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです