メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィンブルドン

ジョコビッチ完勝 王者の帰還

アンダーソンをストレートで降し、ウィンブルドン4回目の優勝を果たしたジョコビッチ=2018年7月15日、AP

男子シングルス決勝(15日)

 アンダーソンのリターンがネットにかかり勝利を決めると、ジョコビッチは両拳を突き上げた。けがを乗り越えたジョコビッチは「素晴らしい気持ち。感極まっている」と感無量の表情だった。

 準決勝で6時間36分を戦った後に中1日で迎えたアンダーソンと、2日がかりの5時間15分の試合から連戦となったジョコビッチ。どちらも過酷な日程だったが、経験に勝るジョコビッチの方が明らかに切れていた。

 アンダーソンの第1セットは第1サーブが入らず、ジョコビッチは甘くなった第2サーブをとらえてストロー…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです