メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

モドリッチMVPに 躍進のクロアチア率い 

サッカーW杯ロシア大会決勝【フランス-クロアチア】後半、フランスにリードを広げられて肩を落とすクロアチアのモドリッチ(右)=ロシア・モスクワのルジニキ競技場で2018年7月15日、長谷川直亮撮影

決勝 フランス4-2クロアチア(15日、モスクワ・ルジニキ)

 優勝を逃して落胆の色は隠せない。だがクロアチアは、最後の最後まで自分たちを信じて力を振り絞った。

 その象徴が、大会の最優秀選手(MVP)に与えられる「ゴールデンボール賞」に選ばれた司令塔モドリッチだった。小さく細い体の、どこからエネルギーが湧き出るのか。トップ下と中盤の底を行き来し、右足でボールをさばく。素早く動き、相手のパスコースをふさぐ。W杯の最後の試合でも、仕事ぶりは普段と変わらなかった。

 1点を追う前半28分。ペリシッチが中央で倒されて得たFKを託された。モドリッチが右足で右サイドに通すと、クロアチアはボールを細かくつなぎ、最後はペリシッチが左足で強く蹴り込んだ。優勝への光が見えたゴール。だがその後に失点が続き、念願は遠のいた。

 3戦連続で延長にもつれこむ激闘をくぐりぬけ、たどりついた舞台。試合間隔もフランスより1日少なかった。「疲れ果てているが、トロフィーを掲げればすべてが楽になる」。その一念で戦った。

 400万人余りの国民の期待を一身に背負ってきた。1990年代、母国に吹き荒れた民族紛争とモドリッチも無縁ではない。祖父を亡くし、家も失った。避難生活の中でボールを蹴った。だが「一度も自分を疑ったことはない。自分を信じ、ここまで来た」。サッカーが希望だった。

 クロアチアが初出場で3位に躍進した98年大会は母国のテレビで見つめていた。「勝ち進むにつれ、特別な感情が湧いた。いつか、あのレベルに到達したいと思った」。頂点こそ逃したが、クロアチアを新たな高みへ導いた。【大谷津統一】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです