メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

玉木雄一郎氏/上 現代にこそ必要な理念「茜色の空 哲人政治家・大平正芳の生涯」

たまき・ゆういちろう 国民民主党共同代表。衆院香川2区。1969年生まれの49歳。93年大蔵省入省。外務省出向、行革担当相の秘書専門官など12年あまりの官僚経験を経て政界に。当選4回。東大卒。

ロングバージョン

 1980年に大平正芳さんが亡くなった時は小学生で、学校に喪章を付けた半旗が掲げられたのを覚えている。当時は(大平氏の口癖の)「アーウー」ぐらいしか知らなかったが、香川から総理大臣が出ていることを誇らしく思っていた。郷里の先輩であり、その後に私が入省した大蔵省の先輩というつながりもあって非常に尊敬している。

 改めて大平さんを意識したのは民主党政権末期に(消費増税につながる税と社会保障の)一体改革で奔走して…

この記事は有料記事です。

残り1906文字(全文2118文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです