メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

戦後もガップリ女相撲 映画「菊とギロチン」 女人禁制、議論に一石

「菊とギロチン」の一場面。女優の木竜麻生さんが演じる主人公・花菊は、厳しい稽古を経て一人前の力士に成長する(c)2018「菊とギロチン」合同製作舎

 女性が堂々と土俵に上がり、相撲を取る時代があった--。戦後まで全国で興行していた女相撲を題材にした映画「菊とギロチン」が7日公開され、話題になっている。土俵の「女人禁制」の是非が議論となっているが、監督した瀬々(ぜぜ)敬久さん(58)は「(日本相撲協会が主催する)大相撲が相撲の全てではない。映画を通じて、多様な相撲があることを知ってほしい」と話している。【小林祥晃】

 映画は関東大震災直後の1923年、東京近郊を舞台に、夫の暴力から逃れて女相撲一座に加わった力士・花…

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文950文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです